風下の村 原画展:貝原浩が遺したチェルノブイリ・スケッチ&トーク(2016/4/16-4/26開催)

投稿者: | 2016-03-13

(このイベントは終了しました)

=========================

◆チェルノブイリからフクシマへ◆
 風下の村 原画展
 ―――貝原浩が遺したチェルノブイリ・スケッチ&トーク

=========================

会期 
2016年4月16日(土)~26日(火) 12:00~19:00
(トークの日は各開始30分前に終了)
会場 ギャラリー古藤(練馬区栄町9-16、武蔵大学正門斜め前、千川通り沿い)
http://furuto.art.coocan.jp/akusesnewpage5.html

画家の貝原浩さんは1986年4月26日のチェルノブイリ原発事故から6年後に「風下の村』となったベラルーシを訪れ、そこで暮らす人々の姿をス ケッチしました。暮らしを土地ごと奪われ、取り返すことができない惨たらしい現実。フクシマから5年、チェルノブイリは遠い過去の出来事ではなく、私たち の未来を映す鏡となりました。この「チェルノブイリからフクシマへ」に接した方々から、さらに多くのメッセージが発信されればと――。

◆トークイベント *要予約・各回1000円

予約受付 メール:kazashimonomura@gmail.com
Tel:3月中 03-5379-6084(平井)、
4月から 03-3948-5328(ギャラリー古藤)

4月17日(日)17:00~
島田恵「チャルカ――10万年 危険な核のゴミ捨て場は何処に」

20日(水)19:00~
神田香織「チェルノブイリとふるさと福島」

21日(木)19:00~
岡村幸宣「見えないものを見えるように――核被害を描く絵画」

22日(金)19:00~
アーサー・ビナード「絵は口ほどに物を言う?」

23日(土)16:00~
永田浩三「『チェルノブイリの祈り』とフクシマ」

24日(日)17:00~
アライ=ヒロユキ「民衆の視線。その絵筆の射程とは」

◆料金
絵画展:無料
トークイベント:各回1000円

主催:福島原発事故緊急会議