連続シンポジウム講演録

【連続シンポジウム 講演録】

◆※発行準備中 第6回 2014年5月24日 シンポジウム

 パンフレット『川内原発再稼働を許すな! 現地から訴える』

 

◆【発売中】第5回 2014年3月1日 シンポジウム

 パンフレット『3.11から3年 被害者たちの暮らしは、福島第一原発の現実は』

 ◎「どうなってるの?『原発事故子ども・被災者支援法』」
 石垣正純さん(福島の子どもたちを守る法律家ネットワー[SAFLAN])

  ◎「避難者たちが抱える困難――政府の帰還促進政策が生み出しているもの」
   満田夏花さん(国際環境NGO FoE Japan)

 ◎「危機が迫る――福島第一原発汚染水問題」
   山崎久隆さん(劣化ウラン研究会代表、たんぽぽ舎)

 2014年7月14日発行 A4サイズ32ページ 頒価:500円

 

◆【発売中】第4回 2014年1月13日 シンポジウム

 パンフレット『「原子力規制委員会」の原発再稼働への《暴走》を許すな!』

 ◎鵜飼 哲さん(一橋大学教員、フランス現代思想)
  どのように脱原発論は推進論に組み込まれたか
    ――フランスの場合に即して

  ◎天野恵一さん(再稼働阻止全国ネットワーク)
   「原子力規制委員会」批判の視座

 2014年4月15日発行 A4サイズ23ページ 頒価:500円

◆【発売中】第3回 2013年11月30日 シンポジウム

 パンフレット『デマにまみれた安倍政権の原発再稼働暴走を許すな!
         ――東京五輪招致・放射能汚染水・被曝労働・改憲』

 ◎武藤一羊さん(ピープルズ・プラン研究所)
  「オリンピックをテコとした再稼働と改憲策動」

   ◎なすびさん(被ばく労働を考えるネットワーク)
  「汚染水漏れと被曝労働」

 2014年2月8日発行 A4サイズ48ページ 頒価:500円

 

◆【発売中】第2回 2013年10月27日 シンポジウム

 パンフレット『拡大する汚染水漏れと被曝労働~再稼働なんてありえない~』

 ◎湯浅一郎さん(ピースデポ代表、海洋物理学研究)
  「海洋放射能汚染の実態」

 ◎山川 剛史さん(東京新聞原発取材班キャップ)
  「福島第一原発の現場で何が起きているか」

 2013年11月20日発行 A4サイズ36ページ 頒価:500円

 

◆【発売中】第1回 2013年9月8日 シンポジウム

 パンフレット『これでもあなたは 原発再稼働を認めるのですか?』

 ◎小倉正さん(伊方原発現地から)
  「南海トラフ巨大地震と原発――伊方の原発震災は”想定外”」

 ◎山崎久隆さん(たんぽぽ舎/NO DU/東電株主代表訴訟 原告)
  「汚染水問題と再稼働」

 ◎田原牧さん(東京新聞 特報部デスク)
   「政権リスクとしての原発問題」

 2013年10月25日発行 A4サイズ36ページ 頒価:500円

 

【お申し込み方法】 ファックスあるいはEメールにて、以下を「福島原発事故緊急会議」までお送りください。 料金(プラス送料80円)はパンフレットに同封の郵便振替用紙にてお振込みください。
※3冊以上で送料無料となります。
※5冊以上で割引あり、お問い合わせください。

 ・お名前
 ・冊数
 ・送付先住所
■福島原発事故緊急会議
 〒1112-0014 東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
 Fax:03-6424-5749
 E-mail:office【@】2011shinsai.info(【】を削除してください)