高浜原発差止仮処分取消決定への抗告申立て(2016/1/6 大飯・高浜原発差止仮処分弁護団)

脱原発弁護団全国連絡会ホームページより
http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/news/16-01-06/

(プレスリリース)
2016年1月6日

報道関係者各位

高浜原発差止仮処分取消決定への抗告申立て

昨年4月14日に福井地方裁判所で出された高浜原発3・4号機運転差止仮処分命令は、日本初の原発運転差止仮処分命令でした。
しかし、去る12月24日、福井地裁はこの決定に対する関西電力の異議を認める決定を行いました。
私たちは、この決定を不服として、本日、抗告の申立てを行います。
抗告申立書は、本日16時頃、脱原発弁護団全国連絡会のサイト
(http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/)にアップする予定です。

本件は全国的な注目を集めている事件であり、皆様におかれましては、多くの市民・国民に知っていただけるよう、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

大飯・高浜原発差止仮処分弁護団
 河合 弘之、井戸 謙一、内山 成樹、海渡 雄一、坪田 康男、青木 秀樹、円居 愛一郎、崔 信義、栗山 知、白鳥 努、望月 賢司、只野 靖、笠原 一浩、高橋 陽一、石川 賢治、鹿島 啓一、大毛 裕貴、藤川 誠二、中野 宏典、佐々木 学、甫守 一樹、海渡 双葉
申立人

「福島第一原発事故がもう1回起きてもよいと言わんばかりの決定で、絶対に取り消さなくてはいけないと思っています」(弁護団共同代表、河合弘之)

-----

保全抗告書(全文)

別紙(申立人からのメッセージ)については、ホームページ参照