「福島原発刑事訴訟支援団」に加わろう!/福島原発事故緊急会議

2月29日、東京電力の勝俣恒久元会長、武藤栄及び武黒一郎元副社長の3名が、強制起訴されました。

事故から5年、告訴団による告訴から4年の歳月が過ぎたいま、ようやく裁判が 始まろうとしています。裁判によって、隠されていた事実が明るみに出され、責任をとるべき人物がきちんと裁かれることを、私たちは心から望んでいます。 ただ、裁判での闘いにはご存じのとおり、大変長い時間がかかります。

検察官役の指定弁護士を引き受けられた方々をはじめ、この裁判を中心となって担っている人たちの苦労は並大抵のものではないはずです。私たちにできることはそれほど多くはないかもしれませんが、一人一人がこの裁判に関心を持ち、注視しし続けることが、裁判を闘う人たちを支え、ひいては公正な判決を導きだすことにもつながると思います。

29日、「強制起訴」がおこなわれた後の記者会見でも、告訴団の団長を務めてこられた武藤類子さんが、「福島刑事裁判支援団」への参加を呼び掛けておられました。いま、約1000名の登録があるそうです。 この1000名を倍に、5倍に、10倍に、と増やしていきましょう!
責任を取るべき人たちがきちんと処罰される判決が出されるよう、最後まで裁判の行方を注視していきましょう! 

私たち福島原発事故緊急会議もこの支援団の取り組みに協力していくことを決めました。
ぜひ、ご登録ください。周りの方たちへも声をおかけください。

 

********************
入会申し込み
https://shien-dan.org/membership/

申込書をダウンロードする場合は↓こちら
http://shien-dan.org/wp-content/uploads/moushikomi.pdf
********************

福島原発刑事訴訟支援団ホームページ  http://shien-dan.org/
福島原発告訴団ホームページ      http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/

「東電福島原発事故刑事裁判が始まる」リーフレット
http://shien-dan.org/leaflet/