《連続シンポジウム第12回》 福島原発事故から6年―― 「復興」の名の下に 切り捨てられる人びと

《連続シンポジウム第12回》

福島原発事故から6年――
「復興」の名の下に 切り捨てられる人びと

◆とき:2017年2月19日(日)
      午後1時15分開場 1時30分開始
 
◆ところ:千駄ヶ谷区民会館1階会議室
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kmkaikan/km_sendagaya.html

≪発言≫
 
 ◎黒田節子さん/原発いらない福島の女たち 

 ◎満田夏花さん/国際環境NGO FoE Japan

 私たち「福島原発事故緊急会議」は、<3・11>から6年を前に、今年もシンポジウムを開催する。

 「帰還・復興」を名目にして避難指示の解除に向かっている政府は「自主避難者」への「住宅支援」打ち切り(3月までで)を策動している。
 伊方でストップしていた原発再稼働への動きは、さらに加速されている。
 そして、あれだけの被害をうみだし続けている加害企業東京電力は、黒字会社として平然と企業活動を続けている。
 利権国家・官僚・電力会社・原子力規制委(御用知識人たち)の複合体である<原子力ムラ>は、まちがいなく再生へ向かいだしている。

 終わりようもなく被害を拡大・深刻化させている福島事故。被害者たちの生活実態(侵され続けている生存権)の方から、2020年<復興オリンピック>のかけ声の下、本当は何が進んでいるのか!? その<現実>を見据えるための集まりです。是非ご参加を!

【主催・問い合わせ】
福島原発事故緊急会議

東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
ピープルズ・プラン研究所気付
Tel:090-1705-1297(国富) fax: 03-6424-5749
e-mail 2011shinsai.office@gmail.com  http://2011shinsai.net
郵便振替口座 00110-3-433390 「福島原発事故緊急会議(淡路町事務所)」